PMSの不快な症状・生理前のイライラを改善したい | まる子の改善メモ

生理の前になると、心やカラダに現れる不快な症状。

わかってはいるけれど毎月訪れるイヤな症状とずっと付き合っていくのは大変。

なんとか治したいですよね?

でもPMS(月経前症候群)の症状は、イライラから胸の張り、頭痛に肌荒れ、冷え性と多岐にわたっています。

人によって異なるる症状を改善する方法はあるものでしょうか?

ここでは、PMSの症状を緩和する方法をさまざまなアプローチから紹介します、

生活習慣を改善してみよう

PMSの症状が重く出るか、軽くすむかは体質もありますが、ライフスタイルとも関係があります。

日頃はないがしろにしがちな生活習慣をできるところから見直してみましょうね。

(1)食事

食事は3度3度きちんととりましょう。

忙しいからといって朝食を抜いてはいませんか?

朝食を抜くとイライラしてしまうなど、PMSの症状が悪化することも。

ビタミンBが豊富なバナナ1本からでも始めてみてはいかがでしょうか?

PMSの症状を改善するにはビタミンとミネラルの摂取が効果的です。

主食をビタミンやミネラルが豊富な玄米に変えるのもいいでしょう。

玄米は食物繊維も豊富で、便秘の解消にも役立ちますし、デトックス効果も期待できます。

生理前の時期だけ玄米を炊くというのもいいですね。

イライラしている時はついつい甘いものに手を伸ばしがち。

でもチョコレートやジュースなどは血糖値を急激に上げたり下げたりさせて、大事なビタミンやミネラルを消費してしまうので、結局はイライラの原因になってしまいます。

(2)運動

あまり激しくない有酸素運動を毎日の生活に取り入れてみましょう。

ウォーキングや軽いジョギングがおすすめです。

カラダを内側から温める運動を続けていくと自律神経が整います。

またヨガも自律神経を整える働きがあります。

いずれも血行がよくなるので、むくみの解消も期待できます。

思い切って骨盤のゆがみをとることにチャレンジしても。

骨盤がゆがんでいると、血行が悪くなって卵巣機能が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

寝る前にゆがみ矯正体操をするのもいいですね。

(3)休息はきっちり

イライラしたり、どうにも落ち込んでしまう気分をリラックスさせましょう。

1日の終わりにはゆっくりとお風呂につかりましょう。

アツアツのお湯よりもぬるめのお湯で半身浴がおすすめです。

お気に入りのアロマオイルを数滴たらすのもいいですね。

このほか、お気に入りの音楽を聴く、好きなDVDを見る、ハーブティーを飲んでのんびりするといった自分へのご褒美をあげて、心もカラダもリラックスさせてあげましょう。

(4)生活リズムを整える

早寝早起きが理想的。

夜10時から朝2時までの間に成長ホルモンをはじめとする自律神経を整えるホルモンが最も多く分泌されます。

この時間帯に眠っているのベスト。

とはいっても現実的には難しいですよね?

そんな場合は なるべく同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにしましょう。

遅くとも、夜12時までにはベッドに入りましょうね。

PMSの症状に悩まされやすい30代は育児や仕事に多忙で、その分ストレスがたまりがちですね。

無理をしないことも大事です。

時には自分を甘やかせて、心に伸びしろをつくってあげましょう。

(5)サプリメントを飲む

忙しくて食生活の改善を図れないことってありますよね。

そんな時にはサプリメントで必要な栄養素を効果的に摂取しましょう。

具体的には、ビタミンB6、ビタミンE、マグネシウム、カルシウムなどが必要とされます。

そのほか、PMSの症状緩和が期待できるものに、イソフラボンやプラセンタ、チェストベリーがあります。

おススメのサプリメントはチェストベリーを使った「ルナベリー」です。

ルナベリーにはチェストベリー40mgが配合されています。

チェストベリーは地中海沿岸地域などに自生する西洋ハーブ「チェストツリー」の果実で、古くはギリシャ・ローマ時代から婦人病などの治療に用いられてきました。

「女性のためにハーブ」としても親しまれています。

チェストベリーの効能の1つが女性ホルモンのバランスを整えることです。

PMS症状がでる理由はすでにご存じですね。

PMSはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが崩れることが原因だと考えられています。

チェストベリーには「プロラクチン」という名のホルモン分泌を抑える作用があります。

プロラクチンとは妊娠中から授乳初期に多く分泌されるホルモンです。

母乳の作り出すホルモンとしても知られていますが、これがエストロゲンとプロゲステロンの正常な分泌を妨げます。

チェストベリーを摂ることで、「プロラクチン」の分泌を抑えることができるので、女性ホルモンのバランスを整え、PMSの症状を緩和することが期待できます。

「ルナベリー」にはチェストベリーをはじめとした女性にやさしい全9種のハーブ、生理前のモヤモヤ感を緩和する月見草オイル、集中力を高め、美容効果も期待できす亜麻仁油を配合。

さらに生理前に不足しがちなビタミンB群やカルシウム、マグネシウム、イソフラボンも配合されているもです。

心とカラダに起こるPMS症状を自然の力で緩和します。

婦人科を受診する&治療薬を服用する

セルフケアをしてもあまり改善がみられなかったり、症状が重くて仕事にいけない、人間関係に支障をきたすほどメンタル面で不安定になった人は一度婦人科を受診してみましょう。

(1)低用量ピルや漢方を服用する

ピルというと「避妊」のイメージが強いですが、PMSの治療にも効果的です。

排卵を抑え、ホルモンバランスの量を一定にしてくれます。

ピルはインターネット上でも販売されていますが、自己判断は危険を伴います。

まずは婦人科を受診しましょう。

漢方を処方される場合もあります。

漢方には、カラダの状態を良い方向に整えていく働きがあります。

漢方はその人のカラダに合ったものが処方されるのが特徴です。

つまり、同じ症状で2人の人が受診しても、体質や体格が違えば処方される漢方も違ってくるでしょう。

(2)市販薬を服用する

2014年9月に、日本で初めてのPMS市販薬「プレフェミン」が発売されました。

プレフェミンには、チェストベリー40mgが配合されています。

プレフェミンは要指導医薬品です。

購入したい時は薬剤師がいる薬局かドラックストアにいって、自分が気になる症状がPMSかどうか相談してください。

症状がPMSに該当すると判断されれば、購入できます。

2回目以降を購入する時は、購入履歴が記入された「購入カード」を店頭に持参します。

PMSの症状を改善する方法まとめ

PMSの諸症状を緩和するにはさまざまな方法があることがわかりました。

なかでも、チェストベリーは古くから女性に愛用されてきたハーブなので、期待できそうです。

チェストベリーを使用したPMS治療薬「プレフェミン」も市販されていますが、なんといってもサプリメントの「ルナベリー」には、プレフェミンと同等のチェストベリー40mgが配合されているうえ、女性に優しい数多くの成分が含まれていることが最大のメリットといえます。

サプリメントは食品ですので、副作用の心配がないこともうれしいですね。

薬に抵抗を感じる方には特に「ルナベリー」をおすすめします。

また、どれか1つの対策に偏るのではなく、いくつかのものを平行して行うのもいいでしょう。

きっとあなたにあった解決策が見つかるはず!

コメントは受け付けていません。